huluを使った英語学習方法

ここでは、海外ドラマや映画の動画配信サービスhuluを使ったオススメ英語学習方法を解説していきます。

huluは日本でサービスを開始したのは2011年と最近ですが、アメリカでは2008年からサービスを展開しています。

huluの便利なところはインターネットを介して、好きな時に好きなドラマや映画が見られる点です。

今までならば映画やドラマを見たければ、テレビや衛星放送で放映されるのを待つか、ツタヤでビデオを借りるしかなかったのですが。

ところで、このような動画配信サービスは他にもいくつかの事業者が展開していますが、huluの凄いところは大きく2つあります。

1つは、月々たったの980円というところです。今まで衛星放送にしたって月々数千円はかかっていたのが、1000円以下で見れるのです。

牛丼並盛3杯分、生ビール2杯分、映画ならば見れない値段です。

凄いところ2つ目は、コンテンツがめちゃめちゃ豊富というところです。

例えば、他の動画配信サービスと比べていただければ分かると思うのですが、大体のところは、1コンテンツいくらの課金制です。しかし、huluは見放題なのです。

その差を置いておいたとしても、huluはたいがいの「1コンテンツいくら」の課金をしている動画配信サイトよりもコンテンツ数が多いです。

しかも最近では、テレビ東京など日本の会社ともいくつか提携したため、日本のドラマや映画、アニメまで見れるのです。

とにかく、huluは普通に楽しむにしたって、とてもお得なサービスです。正直これを使い始めると、テレビはあまり見なくなります。衛星放送もとてももったいない気がしてきます。

そのくらいとても便利なサービスです。

huluのサービスを2週間無料で楽しんでみたいという方は以下からhuluのサイトへ
hulu

さて、そんな便利なhuluですが、さらに便利な使い方があります。

それは、huluで英語を勉強する事です。

huluは他の動画配信サービスと大きく異なる特徴が1つあります。それは、英語字幕を提供しているということです。

ということは、わざわざDVDを買ったりレンタルしたりしなくても、huluで英語の勉強ができるのです。

なお、2012年現在、huluが配信している全て動画や映画に字幕が付いているわけではないので、その点は注意してください。

さて、huluについての説明はこのくらいにして、いよいよhuluでの英語学習方法を見ていきましょう。

まず下準備として、huluはパソコン視聴専用です。しかしながら、最近ではプレーステーション3やwiiを持っていれば、それらを介してTVで見ることができます。

また、ブラビアなど一部テレビは直接テレビで視聴ができます。また、Apple TVにもサービス対応しています。

でも、それらが無ければパソコンで見るしかないのでしょうか?

いえいえ、そんなことはありません。パソコンさえあれば、だれでもhuluを家の大画面テレビで楽しむ方法があるのです。

まず、家のテレビとパソコン、それぞれにHDMI端子の差し込み口がついているかを確認してください。

HDMIと書いてありますが、「そんなの良くわかんねぇよ!」という人は、下の図を見てください。赤い丸をしてあるところがHDMIです。

これがテレビとパソコン両方にあれば、プレステやappletvやhulu対応のテレビが無くてもテレビでhuluを見ることができます。

次に、電気店などでHDMIケーブルを購入してください。これはデジタルテレビをご使用のご家庭ならばすでにあると思います。

ちなみに、アマゾンでも購入できるので、リンクを張っておきます。

Amazonベーシック high speed Ethernet対応 HDMIケーブル 2.0m

さて、HDMIを購入したら、パソコンとテレビを端子でつないでください。

次に、パソコンを外部出力する必要があります。そのためには、HDMI端子をつないでパソコンとテレビをつけた状態で「ctrl+f5」か「windowsキー+p」を押してみてください。

するとこのような画像が出てくると思います。

パソコンとテレビ両方に映したい人は、「複製」、テレビのみは「プロジェクターのみ」を選択してください。

なお、外部出力の切り替えキーはパソコンの機種やwindowsのバージョンによって微妙に異なることがあります。ただ、だいたいがfnキー+f○キーで切り替えになるはずなので、色々と試してみてください。

また、マックについては使ったことが無いので分かりません・・・(´・ω・`)

以上で、テレビでhuluを見ることが出来るようになったはずです。

次に、huluでの英語学習法を解説していきます。まず、英語学習には英語字幕が不可欠ですので、それがあるドラマか映画を選びましょう。

英語の学習には楽しむことが何よりも大事なので、あなたの一番好きなタイトル、もしくは楽しめそうなタイトルを選びましょう。

また、セリフがあまりに少ないものは英語の学習にはなりませんので、セリフが比較的多いものを選びましょう。

そういった意味では、ドラマやラブストーリなどがいいでしょう。逆にアクション映画等はあまり向きません。

なお、英語字幕がついている動画を選ぶには、まず、画面上部の部分からテレビ番組か映画の好きな方を選択し(赤丸部分)、次に地域から米国か英国を選択しましょう。(緑丸部分)なお、アメリカの作品の方が数も多いですし、英語字幕が付いているものが多いです。

最後に、字幕言語で英語を選択します。(青丸部分)すると、英語字幕付きのコンテンツが表示されます。

さて、あなたのお気に入りの作品が見つかったところで、いよいよ学習方法に移りましょう。

基本的には、当サイトで解説しているような、音読やシャドーイングを繰り返してもらえばいいでしょう。

ただ、ドラマや映画は学習用に作られたものではないので、当然難しい表現もでてきます。そういうものは日本語字幕などで意味を確認して、出来る限り理解できている状態で学習を進めましょう。

意味のわからない英語をどんなに読んだり聞いたりしても、時間の無駄です。

もし、あまりに分からない言葉が多すぎたら、文法書等で、基礎力を高めてからにしましょう。

また、ドラマや映画で学習する際には、逆に全てを理解しようとしない方がいいです。かなりの上級者になるまでは、必ず分からない表現や単語が出てきます。

ほとんどが分からないという場合は学習にはなりませんが、ところどころ分からない言葉や表現がでてきて、それで学習が進まないというのはもったいないです。

全てを知ろうとすると、それだけ時間の無駄になりますので、分からないところは無視して、分かるところだけやるというのも、ドラマや映画を使った学習では非常に大事な点です。

ここで分からないところを無視したからと言って永久にわからないかと言えば、そんなことはありません。逆に、学習を進めていくと、突然分かるようになったりもします。ここは言語学習の不思議なところでもありますが、私もそういう経験を何度もしました。

さて、ここまでの復習ですが、ドラマや映画を使った英語学習では、出来る限り意味を把握したうえで学習するというのは大事ですが、全てを把握しようとしないで、どうしてもわからない場所はスキップするというのが大事でしたね。

以上の前提を踏まえたうえで、以下は学習ステップです。

1.楽しむ

まずは作品を日本語字幕でしっかり楽しみましょう。最初に作品を楽しむことにより、出来る限りセリフの意味を覚えてしまいます。

2.英語字幕の意味を確認

ここからはパーツを区切ってやりましょう。最初の10分までとか、シーンが暗転するまでなど。そのほうがサクサク進めます。

さて、最初にやるパーツを決めたら、そこに出てくるセリフの意味をしっかり確認します。ここでは、出来る限りで結構です。軽く調べたり辞書を引いても分からないパーツは無視してください。

分かるところのみしっかり意味を把握しましょう。

2.音読

意味を把握したら、そのパートを音読してみましょう。まずは、俳優が話すセリフはとりあえず無視して、字幕を声に出して読んでみましょう。

最初は声に出すことに集中してください。ちょっとスピードが速いので、全部読めないかもしれないですね。

でも、慣れればすぐに読めるようになってきます。

慣れて読めるようになったら、次は先ほど調べた意味を考えながら読んでみましょう。

見事意味を思い浮かべつつセリフを読むことができたら、次に移ってください。

3. リピーティング

次に、俳優の話すのをまねるリピーティングに移ります。俳優のセリフを聞きながら、字幕も出しながら、セリフを自分でも口に出して発音してみます。

出来る限り俳優の英語をまねて、正しい発音で声に出すことに集中してください。

何度もやると慣れてくると思うので、そうしたら、音読同様意味を思い浮かべながらやってみましょう。

これもできたら、最後にシャドーイングを行います。

4.シャドーイング

先ほどのリピーティングからさらに難易度が難しいことをやっていきます。それがシャドーイングです。

huluの画面操作で、英語字幕を消します。そして、先ほどのように、俳優の話すのを聞きながら、今度は音だけを頼りに同じように声に出してみます。

これはかなり難しいので、最初のうちはほとんど出来ないでしょう。なので、無理はしないでいいです。

ただ、何回か繰り返していけば、徐々には出来るようになるので、頑張ってやってみてください。

もし余裕で出来るのならば、シャドーイングでも意味を考えながらやってみてください。ただし、これはかなり上級技なので、当分はセリフを聞きとって繰り返すに注力したほうがよいでしょう。

以上で、映画やドラマを使った英語学習は1通り終了です。ただ、これで次のシーンに移ってもよいかというと、まだ早いです。

音読もシャドーイングもその日スムーズに出来ても、数日後にやると驚くほど出来なくなっています。

これは脳の短期記憶が消えてしまったからです。だから、これらのことが長期記憶、とくに手続き記憶になるまで、何度か繰り返し同じシーンを学習しましょう。

やればやるほど英語がしっかり身に付きますので。

とはいえ、同じシーンを何度もやっていても、いずれ飽きてしまいますので、適度に違うシーンに行って、また戻ってということを繰り返してみてください。

最後に、huluの視聴画面の操作方法を簡単に解説します。

まず、字幕を英語にするには、画面右下の「字幕」クリックした後、英語のラジオボタンを押します。

字幕の横にある3つ隣にある四角いボタンは大画面表示にするボタンです。これで大画面で見ることができます。

なお、液晶テレビなら問題は無いですが、プラズマテレビの場合は焼き付けが起こる可能性があるので、必ず大画面で使いましょう。

また、パソコン画面をテレビ画面につけっぱなしにするのはやめましょう。

最後に、簡単に巻き戻ししたり早送りしたりするのに便利なのが、名前は分かりませんが、この横棒みたいなやつ(赤囲み)です。

これで、秒単位まで好きな場面を出すことができます。

使い方は簡単で、棒の左端が00秒で、一番右端が最後(画面上のコンテンツは0:30)になります。

棒のちょうど真ん中をクリックすれば、0:15の場面にスキップします。左から5分の1の場所なら0:06の場面にスキップします。

確か、棒にカーソルを合わせると、そこが何秒の場面かがでるはずなので、自分が出したい場面をすぐ出すことができます。

これを使って、聞こえない場面を延々エンドレスリピートで聞くなんて事もできます。マウスを固定しておけば、同じ場面から何度も再生できるので、音読やシャドーイングの繰り返しの際にはとても便利ですね。

なお、同じようなことはウィンドウズメディアプレイヤーでも出来ますので、DVDで英語学習をする方は試してみてください。

以上、huluを使った英語学習の解説でした。

告知エリア

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

当サイトが最もオススメする英語教材です。

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。