ダメなリスニング教材を選ばないために

リーディングとリスニング、あなたはどちらが得意ですか?

そう聞かれて、自信を持って「リスニング」と答えられる人は日本人ではかなりの少数派でしょう。

実際私自身、英語リーディングはそこそこできるのに、英語リスニングはほとんどできないという典型的な学生でした。

学校で英語の授業を受けていたころ、特に私の時代は、リスニングなど全然だめでも、英語の読解ができて、単語と文法さえ知っていれば、何とかなりました。

センター試験で英語リスニングは確かにありましたが、配点もたいしたことなかったので、そのための特別な勉強もしませんでした。

ところが、実社会で英語を使うとなると、リスニングができないというのは、致命的な弱点になるのです。

なぜなら、コミュニケーションをするうえで、リスニングは絶対に必要になってくるからです。

だって、相手が何を言っているかがわからなければ、会話なんて成り立ちませんよね。

私はこのことを海外に初めて行った時に思い知らされました。

相手に自分の意思を伝えるのは、まだ身振り手振りや単語の組み合わせでも何とかなるのです。

でも、相手の言っていることが分からなければ、会話は全く続きません。相手の言っていることが理解できなければ、会話をすることは不可能なのです。

では、なぜ日本人である私たちは、英語の「リスニング」が特に苦手なのでしょうか?

それは、近年まで英語の学校教育が読解中心だったということもあるでしょう。しかし、最も大きな原因は日本語と英語の音の違いにあるのです。

後ほど詳しく解説しますが、英語と日本語の音の構成というのは、非常に大きな違いがあります。

日本語の音体系で言語を習得している私たちにとって、英語の音体系というのはかなり異質なものなのです。

だからこそ、英語の中でも、特に「リスニング」を非常に難しく感じるのです。

このように、日本人にとって非常に難しいリスニングだからこそ、これまでに多くのリスニング教材やリスニングの学習法が生み出されてきました。

その中には非常に素晴らしいものもあります。しかし、全く駄目なインチキとも言えるような学習法やそれに基づいて作られた教材がたくさんあるのも事実です。

実際に私自身、そのようなインチキ学習法に騙されたことがあります。

次のページへ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。