リスニングで耳を鍛えるのは間違い?!

まずはじめの「ポイント」はリスニング学習において、多くの人が勘違いしているポイントです。

これまで何度か解説してきたように、英語と日本語の音体系というのは非常に異なります。母音や子音の音自体が大きく異なりますし、発声方法も大きく異なります。また、英語には日本語には無いような音の連結や脱落が数多くあります。

だからこそ、英語の「リスニング」を学習するためには、とにかく「耳を鍛えることが優先だ」と英語耳を作ることばかりに意識が集中してしまいがちです。

しかし、多くの人にとって、リスニングを習得するためにまずは「耳を鍛える」というのは、実は「間違い」なのです。

もちろん、英語と日本語の音体系が大きく異なるというのは事実ですから、それの違いを埋めるための何かしらのトレーニングは必要になります。

しかし、そのトレーニングよりももっと大事なことがあるのです。その「大事なこと」を身につければ、耳のトレーニングをやらなくても、大きくリスニング力を上げることができます。

逆にそれをやらないと、いくら耳のトレーニングをやっても英語が聞こえるようにはなりません。

当サイトでは、もちろん耳のトレーニングについての解説もしていきます。しかし、その前に、このリスニングにおける「最も大事なポイント」を解説していきましょう。

次のページへ
前のページへ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。