どうやって英単語を覚えればいいの?

ところで、1つ注意点があるのですが、英単語を覚えるというと、暗記をしなければいけないように勘違いしがちですが、従来型の暗記はこれら高頻出語ではあまり意味がありません。

というのも、高頻出語の多くは、複数の意味を持っているからです。

こういった複数の意味を持っているような高頻出語を覚える際には、文章の中で覚える必要があります。

逆にいえば、文章の中で覚えたものでなければこういった高頻出語は使いこなせるようにはなりません。

例えば、getを「得る」や「乗る」、「達する」、「とってくる」、「させる」等と覚えても、文章の中でgetがどの意味に該当するかわからなければ意味がないからです。

これらをきちんと使いこなせるレベルまで覚えていなければ、せっかく覚えても、いくつもの文章の中で使い方を再確認せざるを得なくなります。

だから、高頻出語については特に暗記で覚えるのではなく、自然な形で文章の中から覚えるのが好ましいです。

特に個人的にオススメな単語の覚え方は、1つ単語の例文を10個とか20個とか見つけてきて、それを何度も読んだり聞いたりしてみることです。

1つの例文ではなかなか覚えられない単語も、不思議なことに、複数の例文の中で出会うと、努力しなくても自然と覚えてしまっています。

特に、いくつもの文章の中でたまたまその単語と出会って、「この単語前に見たけど、意味なんだっけな?」と思いだす努力をすると、すんなり覚えることができると思います。

ところで、高頻出語ってどの単語がそれに該当するのでしょうか?実は、この定義は非常に難しいです。一概にどの単語が高頻出語かということはできません。

1つの目安としては、あたりまえですが、文章の中に何度も出てくる単語です。だから、「あっ!この単語何度もでてくるな!」というものを覚えていけばいいでしょう。

でも、まとめてそういう単語を覚えたい!そのような人は、ひとつの目安として、高校生レベルの単語集を覚えてみるのもいいでしょう。

ただ、私立受験用とか、上級単語とか、そう言ったものは特に必要ないと思います。せいぜいセンター試験レベルの単語集で十分です。

また、中学生用の単語集の単語が十分でない人はそこから始めてみてもよいと思います。

高頻出語の中でも、中学生レベルの単語はさらに高頻度で使われますので、このレベルはしっかりと学習しておきたいところです。

次のページへ
前のページへ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。