文法と単語だけでは英語が理解できない理由

ここまで英語を習得する際に単語と文法をどの程度学習するのが良いかということをお話ししてきました。

単語については、高頻出の基礎単語。文法については英語の言語ルールの核を把握する程度を覚える必要があるのでしたね。

ところで、この2つをきっちりやれば、大抵の英文は難なく理解できるようになるのでしょうか?

いえ、実はこれだけでは英語は理解できるようにはなりません。

実は、もう1つ、しっかり身につけなければいけないものがあります。これがなければ英語をしっかり理解する事もできませんし、リスニングが正しくできるようにもなりません。

それは、英語の処理能力を高めることです。

もし英語の処理能力を高めずに、単語と文法だけで英語を学習するとどうなるか?

長文や構文の複雑な文章を読むことが難しくなります。そして、文章を理解するのに時間がかかります。

また、英語の処理能力が高くない人の特徴として、長い英文、もしくは複雑な構文の英語を、

・一度で理解できず、何度も何度もかえり読みをして理解する

・頭から順番に読むのではなく、翻訳しやすい順序で言葉を拾って理解しようとする

・いちいち日本語に訳さないと意味を理解できない

・分からない単語があると、そこで止まってしまう

・知っている単語でもしばしばどの意味が該当するかわからなくなってしまう。

・読むスピードが日本語を読むスピードよりも格段に遅い

以上のどれかが当てはまる人は、英語の処理能力を十分にあげられていない証拠です。そして、前の項目でも解説しましたが、英語リスニングができていない原因の大半は、英語の意味が素早く、正しく理解できないことにあるのです。

そして、英語の意味が正しく、素早く理解できない原因というのが、この英語の処理能力不足にあります。

では、この英語の処理能力というのはどういったものなのでしょう?次ページから詳しく解説していきましょう。

次のページへ
前のページへ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。