言語の処理能力ってなに?

前回のページでは、英語を理解するのに単語と文法以外に必要なものがあると解説しました。それは英語の処理能力です。では、その処理能力とは何なのでしょう?

それを分かりやすく説明するために、ここでも日本語を例にして考えてみましょう。

日本語でも英語でもそうですが、その言語が母国語である場合は、だれしも子供の時代にその言語については十分に使いこなせるレベルまで熟達します。当然、その言語を処理する能力も子供の時代で既に十分なレベルになっています。

あなたが日本語の母国語話者であるならば、日本語については十分な速度で、正確に処理する事ができます。つまり、十分な処理能力が備わっているのです。

では、十分な処理能力がある日本語を私たちはどのように処理して理解しているでしょうか?

実は、どのようにも何も、日本語については左から右に読むだけで、勝手に意味が頭に入ってきます。

英語を理解するときのように、文法を考えたり、単語の意味を深く考えたり、動詞や主語がどことか、指示語の意味は何とか、修飾語はどこにかかっているとか、そのようなことは一切考えていないはずです。

では、私たちはなぜこのように左から右に読むだけで、単語や文法等を一切考えずに日本語を理解できるのでしょうか?

ちょっと前の文法のところでも説明したように、文法を意識していないからと言って、私たちは日本語の文法を無視しているわけではありません。

では、なぜ、文法や単語の意味、文の構造などを一切考えることなく、文章を見たり聞いたりするだけで日本語を理解できるのでしょうか?

それは私たちが日本語の文章の処理を無意識かつ高速でしているからなのです。

処理というのは、目や耳でインプットした日本語の文章の意味把握を文章の解析を通して行っているのですが、その処理を無意識レベルで非常に高速に行っているのです。

私たちの頭の中には、日本語の言語ルールや何万語もの単語の知識が納められたデータベースのようなものが長期記憶として脳の中に存在しています。

日本語の文章の意味を理解するには、このデータベースにある言語ルールや単語の意味などを使って文章の構造解析や意味把握をしていきます。

ところが、この日本語言語データベースを使った構造解析や意味把握を無意識かつ高速にやっているから、気が付いていないだけなのです。

次のページへ
前のページへ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。