英語上級者の言語処理能力

母国語、つまり日本語の場合は、十分に言語処理能力が高いので、意識しなくても私たちは言語の処理が出来ているのです。

日本語の文をインプットした際に、その言語の解析に必要な知識を私たちの頭の中の日本語データベースから引っ張り出して、インプットされた文章を解析するというステップが完全に無意識で、しかも高速で処理されているのです。

しかしながら、英語の場合は日本語のようにはいきません。もちろんデータベースが日本語ほど整備されていないというのもあるのですが、それ以上に、処理の速度が十分に早くなっていないのです。

十分に処理が早くなっていないので、まだ無意識で、しかも高速にやるほどには文章の解析ができないのです。

だから、英語初中級者の日本人が英語を理解しようとすると、英語の文章を何度も読んだり、文章の構造や文法、単語の意味把握を意識的にゆっくりやらざるを得ないのです。

ところが、上級者はどうでしょうか?上級者はこの言語処理のレベルが十分に高くなっているので、日本語と同じような感覚で文章を処理できるのです。

いちいち読み返したりもしませんし、文章の構造を意識的に把握したり、文法を考えたり、単語の意味を深く考えたりもしません。

たた、左から右に英文を読むだけで、自動で英語の意味が頭の中に入ってきます。

これは、文法知識があるとか、単語の意味をたくさん知っているということではありません。彼らも日本語ほどは英語の言語データベースは豊富ではないでしょう。

にもかかわらず、ほとんどの英語文を日本語と同じような感覚で高速で処理できるようになっているのです。

それは言語の処理能力が十分に高いからなのです。無意識で、高速で処理できるレベルにまで処理能力が高いからなのです。

この英語の処理能力について、私だけが言っていることではなく、色々な書籍などで言われていることです。

書籍によっては、英語あたま、とか、英語脳、とか、頭の中の英語の処理回路とか、自動化とか色々な表現をされていますが、言っていることは同じことです。

ようは、英語をすらすらと理解できるようになる能力です。

さて、あなたの英語の処理能力はでうでしょうか?

文章の構造や文法などをいちいち考えていますか?単語の意味をいちいち考えたりしますか?文章を読んだり聞いたりするとき、意味を解析するために深く考えますか?

あなたがまだ英語学習の途上であるならば、おそらくいずれか、もしくは全てが該当するでしょう。

つまり、リスニング能力を高めるためにも、もっとたくさんの英語文をスムーズに理解するためにも、英語の処理能力を高めるということが絶対に必要なのです。

逆に、この処理能力さえ高めれば、ほとんどの文章は理解できてしまうのです。

では、この処理能力はどのように身につければいいものなのでしょうか?次のページからその方法を具体的に解説していきましょう。

次のページへ
前のページへ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。