どのような英語文をインプットすればいいのか?

前回までは英語の処理能力の向上にはとにかく英語のインプットをたくさん行うことだということを解説してきました。

では、英語であればどんなものでもインプットするだけで英語ができるようになるのかと言えば、そんなことはありません。

まず、これは当たり前のことですが、単語単位で英語を聞いても意味がありません。

単語を理解しても文が理解できないことが多々あるということを、英語の処理能力の解説でしてきましたが、単語単位で英語をいくらインプットしても処理能力は上がりません。

つまり、英語をインプットするのは英語文で無ければいけません。

さて、ではどのような英語文をインプットすればいいのでしょうか?

これには、1つ絶対に外せない条件があります。

それは、あなたが理解できる英語文でなければいけないということです。

非常に大事なことなので、もう1度言います。

あなたが理解する事ができるレベルの英語文をインプットしなければいけません。

これは良く考えれば当たり前のことなのですが、この前提条件を完全に無視した学習法が非常にたくさんあります。

例えば、理解できなくてもいいから、「とにかく海外の映画やテレビなどをたくさん見ましょう」というようなものです。

どの物事の学習においても、自分が理解できていない事をいくら学習したところで身につくわけがありません。

それと同じように、自分が理解している英語をインプットしなければ、一生かかっても英語の処理能力は上がりません。

それと同時に、もしあなたがリスニング中心で英語の処理能力を上げる訓練をするのであれば、次のことも非常に大事になってきます。

それは、あなたが聞きとることのできる英語で学習しなければ意味がありません。

これについても、私自身も過去に大失敗をしています。

次のページへ
前のページへ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。