処理能力の向上にはどれほどの難易度が好ましいのか? その3

というのも、私は私立の大学入学を志望していたので、非常に難しい長文読解の問題を解く必要がありました。

そこで、実際の入試問題を基に、そのレベルの英語文をひたすら長文読解していたのです。

しかし、そのレベルの長文は知らない単語はたくさん出てきましたし、非常に複雑な構文がたくさん含まれていました。

そこで、全文を理解するためには、かなり読解に時間がかかりましたし、単語を調べたり、訳や構文を調べるたりするためにも時間がかかってしまいました。

このことからも、インプット効率は良くありませんでした。

さらに言えば、もっと簡単な文章の処理も完璧には出来ていないにもかかわらず、何とか意味は分かるからと、簡単な文章に全く触れなかったため処理能力の「基礎」が全く築かれないままだったのです。

大学受験も終わり、ある程度たって、再び英語学習を始めた私は色々な英語学習方法を試しましたが、そのいずれも英語の処理能力の向上にはあまり役立ちませんでした。

しかし、そんなことをしている時に、たまたま、基礎的な英文をとにかく大量にインプットする機会がありました。

この時に、とにかく会話文程度の基礎的な英語文をひたすらインプットしたのです。すると、いままでどんなにやってもほとんど伸びなかった私の英語力が、急激に上昇し始めたのでした。

膨大な基礎英語のインプットを続けているうちに、英語の処理能力が上がるのを明らかに実感できたのです。

それまで、日本語に訳さなければ意味がわからなかった長文も、英語を聞いただけで意味が頭に思い浮かぶようになりました。

いちいち構文や主語動詞がどれとか、そう言ったことを考えなければ意味が取れなかった文章が、そんなことを考えずに無意識で意味が理解できるようになったのです。

以上のようなことからも、私自身、簡単の英語の多量なインプットが英語処理の自動化に不可欠なことを実感しました。

次のページへ
前のページへ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。