英語リスニングに必要なこととは?

ここまでは英語の意味をいかに素早く正確に把握するかについて解説をしてきました。そして、そのためには、英語の処理能力を高めて、英語処理の無意識化に達する必要があったのでしたね。

英語処理の無意識化が出来ているかの目安としては、

・ 頭から順番に英語を読んだり聞いたりして、かえり読みや聞き返しなどせずに1回で理解する事ができる。

・日本語に訳すことなく、英語を英語のままで理解できる。

・英語を理解する際に、英語の主語や動詞がどことか、文法がどうといった文章構造を意識せずに意味を理解する事ができる。

・読むスピードが日本語を読むのとあまり変わらない。

などが、自動化ができているかの目安になると思います。また、スムーズにシャドーイングができるということも、1つの目安になるかと思います。

さて、あなたがこのレベルまで来ていて、それでも英語リスニングが思うようにできないというのであれば、それは英語を「理解する」ほうではなく、「聞きとる」ほうに問題があるということです。

ここでは、その問題を解決するためのいくつかのポイントを解説していきましょう。

まず、一番初めのほうに、英語と日本語の音体系は非常に異なっているということを解説しましたが、覚えていますでしょうか?

それは、例えば日本語は母音と子音が交互にくるような並びであるのに対し、英語は二重母音や二重子音、さらに子音で文章が終わるなどと言ったことが起こります。

また、英語特有の音の連結や脱落など起こりますし、音のリズムは日本語よりも高低の幅が大きいですし、品詞によって強勢や弱勢があります。

このように、英語と日本語は音の構造が非常に異なります。

これがもしわれわれがドイツ語の母国語話者なれば、ここまで英語を聞きとるのに苦労しませんし、比較的音の体系が似ている韓国語であれば、日本人ももっと聞きとることができるでしょう。

このように、英語と日本語は音の体系が大きく異なりますので、それを埋めるためにある種のトレーニングが必要になってきます。

もし、あなたがセンター試験やTOEIC程度のリスニングを最終目標としているならば、意味の理解さえ完璧であれば、おそらくいらないか、簡単な音の訓練ですぐに出来るようになるでしょう。

しかし、ネイティブのナチュラルな英語をきちんと聞きこなすようになるには、意味理解を完璧にすることに加え、ある程度の音の訓練も必要になってくるでしょう。

さて、ではこれからその音の訓練についてのポイントを1つ1つ解説していきましょう。

次のページへ
前のページへ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。