英語と日本語は発音が全然違う!?

実は、英語の1つ1つの音と日本語の音はほとんどが大きく違います。それなのに、例えばdanceという単語の音を、日本語のダ・ン・スか、それに近い音で処理してしまう癖がついているのです。

でも、danceは日本語の音では表現できない音なのです。「da」は「ダ」ではなく、「デァ」に近い音ですし、「n」日本語の「ン」とは発音方法が違いますし、「ce」は息だけで「ス」のようにサ行+母音のウの音ではありません。

このようなことは、実はほとんどすべての英単語に言えます。

というよりも、このようなことはほとんど全ての英語発音に言えます。

つまり、英語が聞こえない原因の大きな理由の1つに、日本語流の音で英語の音を無理やり処理しようとしているせいで、英語の音が聞こえないということが、英語が聞きとりづらい大きな原因なのです。

英語の発音というと、多くの人はLとRの聞き分けのように思うかもしれませんが、実はそれだけではなく、ムとmの音は全然違いますし、アの音とaの音も全然違います。

ところが、この英語発音をしっかり学習していないと、各人が自分の中で勝手なaの音やmの音を作り上げてしまっているのです。勝手にaやmの音を「これだ!」と思いこんでしまっているのです。

しかし、そのままだとリスニングCDは大丈夫でも、ネイティブの会話は処理できません。

非常にスピードも速いですし、音の連結や脱落、さらに弱勢なども合わさって、正しい発音をしっかりと覚えていないと、聞きとることが難しいのです。

聞こえてくる音と、自分の頭の中の「英語発音体系」が違っているので、聞こえてくる音を頭の中で正しい英語に組み立て直すことができなくなっているのです。

だからこそ、英語リスニングで英語をしっかり聞きとるためにも、正しい英語発音というのを学ぶ必要があります。

これをやらなくても、実はあらゆる文章を聞きまくって、そのような文章から英語の音体系を頭の中に作り上げることも可能と言えば可能です。

しかし、それには多大な時間がかかりますし、発音を体系的に学んでしまったほうがはるかに楽です。

私も、これに気が付かないことにより、かなり無駄にリスニングの英語耳訓練なるものをやってしまいましたが、結局、発音を学ぶことの重要性に気が付き、後から発音を学び直す羽目になりました。

だいぶ後になって習得した英語発音を、初めから学んでおけば、もっと全然早くに英語を聞き取れるようになっていたでしょう。

次のページへ
前のページへ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。