英語発音の規則について

これまで、日本語と英語の発音自体が、全く違うものであること(例えばムーンのムとmoonのmでは音が全く違うということ)

さらに、日本語は文字と音が完全に対応しているが、英語は文字と発音が完全には対応していないということを解説してきました。

さらに、発音の重要性を把握していただくために、最後に英語と日本語の語順について簡単に解説したいと思います。

日本語は基本的に「子音+母音」や「母音+母音」の組み合わせで出来ています。ですから、子音で終わるということが「ン」以外は原則的には無いのです。

例えば、「これからえいごのはつおんをまなびます」という文章を見ると、ko re ka ra e i go no ha tu o n wo ma na bi ma su

となります。途中の「ん」を除けば、全ての文字が「子音+母音」か「母音」で構成されているのがわかります。

また、文字と文字のつなぎ目でも、子音が連続するようなことは無いですね。

対して、英語の場合は、このような規則性はありません。

「子音+母音」のような順番で全てが構成されているわけでもありませんし、音が必ず母音で終わるなんて事もありません。単語が子音で終わることもあれば、子音が2つ3つ続くこともあります。

例えば、top, dad, cat, at, kick, withなどは全て子音で単語が終わっていますね。

また、try, salt, twin, ankle, most, play, dry, 等は子音が2つ連続で続いています。さらに、tempt, facts, glimpseなどは子音が3連続で続いています。

また、子音で終わる単語がたくさんあるため、単語と単語がつながって聞こえたりもするのです。

例えば、can I というのは、ゆっくり読むと「キャン・アイ」ですが、普通のスピードで聞くと、「キャナイ」に聞こえます。これはcan のn とI の「a」の音がくっついて、naに聞こえるのですね。

このような音の規則は日本語には無いので、英語発音に慣れていないと、これら日本語に無いような順序の音を正しく聞きとることは困難なのです。

しつこいようですが、これら日本語にはない規則の音の並びを聞きとるのにも、英語の発音を学習する事が非常に役に立ちます。

英語の子音の音をしっかり習得すれば、それが2連続・3連続でこようともしっかり聞きとることができます。

しかし、発音を学ばずにいきなりこれらを全て正確に聞きとることは難しいでしょう。

次のページへ
前のページへ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。