英語発音の変化や連結

ここまで英語と日本語の音の違いを中心に見てきました。

ここからは日本語にない英語の音の特徴についてみていきましょう。

ここまで英語の発音をしっかりと習得する事がリスニングを上達させるうえで非常に大事であることを解説してきました。

しかし、発音だけではネイティブの音は完全に聞きとることはできません。いえ、聞きとることは出来るのかもしれませんが、いくつかのルールを知らないと、「えっ?なんでその音でその意味になるの?」ということになってしまうかもしれません。

というのは、英語の音には音の変形や脱落など、文中で色々な音の変化を起こすのです。

これらは、こういう風に変化するという基礎知識をここで理解していただければ、あとは実践でいくつか事例に触れていくうちにすぐに慣れていくでしょう。

さて、この音の特徴はいくつかあるのですが、まずは前回さらっと解説した音の変化について簡単に解説しましょう。

前回can I というところで、canの最後の子音とIの音がくっついて、「キャナイ」のように聞こえるというのを解説しました。

この現象は単語が子音で終わり、次の単語の母音と連結してそのように聞こえるのでしたね。

これ以外にも、非常にたくさんあるのですが、有名なところだと、check it outなどもそうなりますね。

checkのkとitのiが合わさって、「チェキ」のようにも聞こえます。さらに、itのtとoutのoがくっつきます。

しかし、この場合は、タではなく、ラに聞こえます。「チェキラ」ですね。

これは、音声学的にどうとかそういうことはよく分かりませんが、文中のtは「ら行」のように聞こえることが多いのです。

例えば、waterは「ウォーター」ではなくて「ウォーラー」のように聞こえます。

このような変化はtだけなのですが、このあたりは発音をきちんと習得していれば、何となくわかっていただけると思います。

最後に、もう1つ非常に良く出てくる音の連結を紹介しましょう。

それが、did youです。普通にカタカナ読みすると、「ディドゥ・ユー」のようになりそうですが、dとyがくっついて、「ディジュー」のように聞こえます。

ちょっとこのあたりはカタカナで表すのに限界があるうえ、逆に誤解を招いてしまいそうなので、実際はネイティブの発音を聞いてしっかり確認していただきたいのですが、did youは音が連結するので、慣れていないと聞きとりづらいです。

また、同様にdon’t youもtとyがくっついて音の連結が起こるので注意しましょう。

次のページへ
前のページへ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。