タイタニックで英語学習 シーン8-1

今回はシーン7の続きのシーンです。シーン7では潜水艇の進水作業で忙しいのにボブに電話を回されてちょっといらいらしているロベット、その電話の相手とは、先ほど自宅でロベットが出ていた番組を見ていたローズです。今回のシーンはその電話の相手ローズと話をするシーンです。

文中のLはロベット、Bはボブ、Rはローズのセリフです。

L: ■■■■ ■■ Brock Lovett. ■■■ ■■■ I help you,Mrs…
B: Calvert. Rose Calvert.
L: Mrs Calvert?
R: I was just ■■■■■■■■■ ■■ ■■■ ■■■ found the heart of the ocean ■■■, Mr Lovett.
B: I ■■■■ ■■■ you wanted to take the call.
L: All right, you ■■■■ my attention, Rose. ■■■ ■■■ tell us ■■■ the woman ■■ the picture ■■?
R: Oh, yes. The woman in the picture is me.

まずはリスニングにトライしてみましょう。上記の 部分のセリフを聞きとってみてください。一度では難しくても何度も聞いていれば分かってくることもありますので、あきらめずに何度も聞いてみてください。

聞こえないということは、その語があなたのリスニングの弱点になっている可能性が高いです。だから、そこを集中的に聞いていけば効率的にリスニングのレベルアップが望めますから、頑張ってくださいね。

さて、次に単語解説をしていきましょう。

1行目、how は疑問詞で「どうやって」という意味ですね。canは助動詞で「できる」という意味ですね。helpは動詞で「手伝う」という意味です。

2行目、3行目は飛ばして、4行目、wonderは「不思議に思う」です。よく使われる単語です。foundは動詞findの過去形で「発見する」the heart of the oceanは宝石の名前ですね。

3行目、toldは動詞tellの過去形で「言う」という意味です。want toは「○○したい」、take the callは「電話を取る」

4行目、attentionは「注意」です。whoは疑問詞で「誰」、womanは「女性」pictureはここでは「絵画」です。

次のページでは、リスニングの答えとしての全文とその訳を掲載します。

前のページへ
次のページへ


告知エリア

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

当サイトが最もオススメする英語教材です。

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。