タイタニックで英語学習 シーン15-1

前回のシーンでは、ボーディーンがローズにどのようにタイタニックが沈没したのかを解説していたシーンですね。今回もそのシーンの続きです。

以下のセリフは全てのボーディーンのセリフです。

And the hull’s not designed to ■■■■ ■■■■ ■■■■ pressure, so what happens? She splits, ■■■■■ ■■■■ ■■ ■■■ ■■■■, and the stern falls back level. ■■■■ ■■ the bow sinks, it pulls the stern vertical and the finally detaches. Now the stern section this kinda bobs ■■■■■ ■■■■ a ■■■■ for a couple of minutes, floods and finally goes under about 2:20 am, two hours and 40 minutes after the collision. The bow section planes away, landing about half a mile ■■■■, going 20, 30 knots ■■■■ ■■ ■■■■ the ocean floor. Pretty cool, huh?

まずはいつものようにリスニングからトライしてみてください。今回も引き続きボーディーンのセリフなので、ちょっと早口です。でも、リスニングしがいがあると思いますよ。ここでリスニング力を一気に向上させていきましょう。

どうでしょうか?だいぶ聞き取れる単語が増えてきましたか?

次は単語解説をしていきます。今回も文単位で解説していきます。

1行目、hullは「船体」、designは動詞で「設計する」、dealも動詞で「扱う」、pressureは「圧力」です。

2行目、splitは動詞で「裂ける」です。keelは「竜骨」という意味だそうです。これも船の用語の一種で船を支える背骨のような材料、家で言えば大黒柱のようなものでしょう。sternは「船尾」ですね。前にも出てきましたね。fallは「落ちる」という動詞です。levelは1レベルとかのレベルではなく「水平」という意味です。

3行目、bowは「船尾」でsinkは「沈む」です。ここも前回出ましたね。pullは「引っ張る」という動詞です。海外でドアなどによく書いてありますね。verticalは「水直」で、 detachは「切り離す」です。

4行目、sectionは「部分」、bobは「上下に動く」という動詞です。corkは「コルク」floodは「浸水する」 collisionは「衝突」という意味です。

5行目、planeはここでは動詞で、「滑水する」という意味です。 land「着陸する」という動詞です。 knotは船などの速度で「ノット」です。 ocean floorは「海底」の事を指しています。

さて、次のページでは、リスニングの答えとしての全文掲載と、全訳、さらに文章ごとの解説をしていきます。

前のページへ
次のページへ


告知エリア

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

当サイトが最もオススメする英語教材です。

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。