タイタニックで英語学習 シーン25-1

今回のシーンも前回同様、タイタニックの船首で自殺しようとしているローズをジャックが説得しているシーンですね。

以下はJがジャックのセリフで、Rがローズのセリフです。

J: Sorry. You just ■■■■ like, you know, kind of an indoor girl. Anyway, I, uh, I ■■■■ ■■■■■■■ some thin ice. And ■■ telling you water that cold, like right down ■■■■■, it hit you like a thousand knives stabbing ■■■ all over your body. You can’t breathe, you can’t think. ■■ ■■■■■ not about anything but the pain. Which is why I’m not looking forward to jumping in ■■■■■ ■■■■■ you. Like I said, I don’t ■■■■ a choice. I guess I’m kinda ■■■■■■ you’ll come back ■■■■ the rail and get me ■■■ the hook here.
R: You’re crazy.
J: That’s ■■■■ everybody says, but with all due respect, miss, I’m not the one ■■■■■■■ ■■■ the back of a ship here. Come on. Come on, gimme your hand. You don’t ■■■■■ do this.

まずはリスニングにトライしていきましょう。今回はローズのセリフが少なく、その代わり、ジャックのセリフがほとんどです。ローズに比べてジャックのセリフは言葉の省略やrelaxed pronunciationが多い分、リスニングは難しいです。

しかし、難しいということはあなたの弱点となるところがたくさんあるということです。頑張っていきましょう。ところで、リスニングをしていて、何回聞いてもうまく聞こえないということがあると思います。

そういう場合はおそらく今の時点では耳がその音を捉えていない状態ですので、何回聞いても、聞こえるようにはなりません。

それではストレスもたまりますので、あまりに聞こえない音が多い場合は、もう少し簡単な場面で耳の基礎力を鍛えたうえで、またこの場面に戻ってきましょう。

リスニングはだれでもしっかりやれば必ずできるようになりますので、あきらめずに頑張りましょう!

さて、リスニングが終わったら、単語解説です。今回はあまり行で別れていないので、文単位で解説していきます。

2文目、seemは動詞で「〜に見える」、likeは「〜のように」

3文目、fellは動詞fallの過去形で「落ちる」、thinは「薄い」、iceは「氷」

4文目、tellは動詞で「言う」、waterは「水」、coldは「冷たい」、hitは「打つ」 thousandは「千」、knivesは名詞knifeの複数形で「ナイフ」、stabは動詞で「(刃物で)刺す」、bodyは「体」

5文目、breatheは動詞で「息をする」、thinkも動詞で「考える」

6文目、at leastは「少なくとも」、painは「痛み」

7文目、look forwardは文章解説部分で解説していきたいと思います。jumpは「飛ぶ」

8文目、choice「選択」

9文目、guessは動詞で「推測する」、hopeは動詞で「希望する」、come backは動詞で「戻ってくる」、railは「レール」、get off the hookは文章解説部分でしっかり解説していきます。

10文目、crazyは「狂った」

11文目、with all due respectは「恐れながら」や「お言葉ですが」の意味

12文目、hangは「ぶらさがる」、shipは「船」

13文目、gimmeはgive meの省略形で「私にください」という意味です。

14文目、wannaはwant toの省略形で「〜がしたい」ですね。

以上で単語解説を終了します。次ページからリスニングの答えとしての全文解説、さらにその訳、また文章解説をしていきます。

前のページへ
次のページへ


告知エリア

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

当サイトが最もオススメする英語教材です。

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。